2005年07月24日

[2005/07/23]第18 節vs川崎 (臨海)

やってきましたHOT6最終節。対する相手は前回等々力でカウンター一発にやられてしまった川崎F。ぜひ雪辱を晴らしてほしい。

ところが試合前にアクシデント発生!千葉県を中心に震度5クラスの地震が襲った。その時俺は臨海のスタンドに座っていたのだが、なんか揺れてる気がするなとか思ってたらいきないグラングラン揺れて、臨海のスタンドはガラガラガラッと大きな音をたてた。正直、スタンドが崩れるかと本気で思ってしまった。ただこの時は「今の地震すごかったねー」くらいで臨海の仮設のスタンドだからあんなに揺れて感じたんだと思っていた。
しかし、その後仲間から高速が通行止めで臨海にいけないとか電車が止まって行けないと連絡が次々と入り地震が相当なものだとわかった。地震で来ることができなかった方、残念でしたね。

そんな波乱を予感させる中で始まった川崎F戦であったが始まってみると終始落ち着いた内容だったと思う。前節同様高い位置からプレスをかけて自由に前に蹴らせないプレーをしていたと思う。ただうちの弱点はいいプレーをしていても単純なミスをしたり、集中が途切れる時間があること。序盤も自陣深い位置で山岸がボールを持ち過ぎて囲まれ、ボールを奪われ危険なシーンがあったり決定的なところでシュートが枠に飛ばないというここ最近よくみかける悪い癖がこの日も何度か見られた。しかし、前半31分。巻が羽生から受けたパスを左45゜位の角度がズバッとゴールに突き刺す。本人も言っていたが巻らしくないビューティフルゴール!そのまま1-0で前半終了。

後半は序盤は川崎Fの時間。しかし、最後のところで自由にプレーさせず危険だったのは強烈なミドル一発だけだったがこれも櫛のファインセーブで難を逃れた。そうなると流れはまたジェフに傾き始める。キーパーと一対一の決定機が何度か訪れたが、山岸が、勇人が決められない。特に智。あれは決めて欲しかった!試合を楽にするチャンスは何度もあったが決められなかった為最後までヒヤヒヤの試合になってしまったが終わってみれば二試合連続完封勝利!いい流れでナビスコに繋げることが出来た。また、後半阿部が競り合いで倒れまた額から出血。6針縫うアクシデントがあった。また櫛野もゴール前で倒れ2分くらい中断しヒヤヒヤしたが大丈夫だったようでした。
この試合は結構好ゲームだったと思うのですが吉田主審に試合の面白さを半減させられたような試合でした。審判にはほんとに最近不満が多い。早く手を打たないとJリーグ自体の人気にも影響を及ぼすと思う。なんとかしてほしい。
今日の主審<吉田寿光>…採点4.0
posted by KaZ at 11:49| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。