2005年07月15日

[05/07/13]第16節vs横浜FM( 日産ス)

平日のナイトゲーム。普段なら絶対行けないのだが、この日は夕方に無理矢理川崎のお客さんにアポイントをとり直帰しますと会社に電話を入れ駆け付けた。ホームのゴール裏は平日だというのにそこそこ埋まっている。アウエー側はというと、自分が思っていたよりたくさんのジェフサポが来ていた。これならそれなりの声にはなるだろうって感じ。

平日なので俺の観戦仲間も今日は少なく五人での観戦となった。ハレグリのピッチに向かって右側に陣取って応援することにした。

さて、試合の方はというと…
立ち上がりこそチャンスをつくったが次第にペースは鞠に移っていく。正直、鞠相手でも2バックの布陣を敷くとは思わなかった。しかも累積警告でストヤノフがいないというのに。そのストヤノフの代役は水本だとばかり思っていたがなんと中島!こればっかりは予測不能だろ。もっとも安定が求められる場所に俺の中ではもっとも不安定な中島。大丈夫か!?
結果を先に言ってしまうと中島は無難にプレーしていたと思う。自陣深くでのボール回しでも相手のプレスをうまくいなして落ち着いていた。ただ、中盤への受け渡しのパスやくさびを入れる様なパスはいつも通り敵にパスしてたけどね。ボール回しの時、「オ〜〜、オイ!」ってパスに合わせてたまに声だすんだけど中島に渡った時だけ異常に盛り上がってサポーターの声が大きくなるのには笑えた。中島も知ってか知らずかなかなかボールを離さずにタメるだけタメて敵にパス。ゴール裏は笑いに包まれてたよ。きちんとオチをつくる浩司くんに幸あれ。

何はともあれ、試合は鞠ペース。いつもなら失点するとこだが櫛の頑張りもあり無失点で折り返す。「こりゃもしかして勝てるかも」と正直思った。しかし、後半になってすぐ失点してしまう。たしかにフリーのシュートではあったがきちんと枠にいくとこはジェフと違うなって思ってしまった。まぁ、まだ時間はあるからいつもの通り点を取られて目覚めるだろうなんて考えていたのだが、なかなかチャンスを作れない。こりゃヤバいと思いはじめた後半30分過ぎ、林がビューティフルゴールを叩きこむ。サポも選手もイケイケムード。こりゃもう一点あるかもなんて思っていたんだけどなかなか自由にボールを持たしてもらえない。そしてロスタイム。表示は4分、長い。まぁ今日は引き分けでも納得かなと思っていた矢先、坂田にまさかのゴールをカウンターから決められてしまった。あまりにもあっけなく、なす術もなく…試合後オシムはなぜアウエーの試合であの時間であんな前がかりになって無理をするんだと怒りのコメントをしていたが、俺には同じような怒りはなかった
。リスクを負って勝ちにいった結果なのだと納得できた。確かにあまりにも簡単にやられすぎとは思うが、選手の勝ちにこだわる姿勢が見れた気がした。だから俺はこの試合に悲観してない。逆に次節への期待が膨らんだ。鹿島も浦和も負けた。まだまだいける!

posted by KaZ at 00:53| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。