2006年12月05日

移籍話が自分の身にも

俺の会社は12月決算なので、来期は1月から始まる。
そういうわけでこの時期は来期の体制が決まる時期で異動などの噂も飛び交い、上司から言い渡される時期なのです。

昨日、上司連中が集まって密談をしていたので、今日辺りがXデーで異動になる人は呼び出されて言い渡されるんじゃないかとみんなで言っていたら、なんと俺が呼び出されてしまったよ。

所長に呼ばれ一緒に個室に入ると中にはもう一人、支店長が待ち構えていた。これは間違いない!異動の話だ!
「嫌だ!」と言ってもどうなるものでもないので観念するしかないのだが、もし関西や九州なんて言われたらどうしよう!?と怯えまくる。

しばしの沈黙。嫌な雰囲気。

しばらく間をおいた後、やっと支店長が重い口を開いた。
緊張はMAX!

その支店長の口からでた言葉は「来年は別の部署で営業をしてくれ」との言葉だった。
つまりは勤務地は今と同じで部署が変わるということだった。要は営業1課から2課に移ってくれというようなものでした。

もちろんそれはそれで大変なことも多いのだが、最悪な事を想定していたので思わず笑みが出てしまいました。

とりあえず一安心。これで来年もジェフの試合を見に行ける。ただ今度の部署は土日出勤が増えそうな感じ。そこだけがちょっと心配だ。

あぁ、今日は精神的に疲れた一日だった!
posted by KaZ at 23:33| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜、それにしても遠方への移動じゃなくて何よりでしたね!!
でも土日出勤増えそうですか・・・
それでは今度、脱走術を伝授いたします。
Posted by kazuya at 2006年12月06日 01:10
本当だよ!
こっちまでドキドキで一人でパニックしちゃったよ!
でも場所が変わらなくて何よりでした。
土日出勤増えそうだけど頑張ってね!
Posted by ゆっきー at 2006年12月06日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。